Shinshi Moon

セーラームーンをヨコシマでマニアックな目で見る管理人の妄想を掃き溜めるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻のテレビ版と

幻のテレビ放送版、劇場版セーラームーンRというのを聞いたことがあるかもしれません。
映画では画面比16:9に合わせて上下部分がカットされてしまうのですが、それがカットされていない4:3verというやつです。
当然DVDなどでは、映画同様の16:9で収録されているので、今となっては見たくても見れない幻の品というわけですね。

劇場版Rに限った話ではないのですが、描かれたはずの部分が見れないというのは、なんとももったいないと思います。
ただでさえ数秒しかない好きなシーンが、さらに削られているのであれば、その損失は甚大です。
今回は、そういった手を伸ばしても、もう届かない部分を垣間見ることができる、ちょっとした小ネタ。



・公式配信

劇場版セーラームーンは東映アニメBBプレミアムの配信でも見ることが出来ます。
今では100円レンタルで簡単に見れてしまうために、数百円払ってこれで見るという人はなかなか少ないんじゃないでしょうか。
が、実はこれ、DVDの収録よりも写っている絵の面積が広いのです。(私が実際に確認したのはRだけです)

配信ページのスクリーンショットが4:3で表示されているのを見てから、公式ならもしかして・・・と、思い出したように視聴してみました(笑)
で、実際に見てDVDのスクリーンショットと見比べてみたら、ホントに上下部分が"ちょっと"だけ多く写っていたという訳です。
・・・どれだけちょっとかというと、私がスクリーンショットを残すのをやめてしまったくらい(汗

このブログを見に来る人にしたら「ラストの変身解除シーンはどうだったの?」という方がほとんどだと思われます、が。
「ピクセル単位の誤差というほどではないが、映像としての写りには影響していないな」という微妙具合でした。
変に期待を煽ってしまったらすみません。
気になるという方がいれば、配信されている時に見てみてもいいんじゃないでしょうか。



・なかよしメディアブックス

どちらかというとこちらの方が本題という感じでしょうか。いわゆるフィルムコミックというやつです。
これらの書籍は公式の素材を使用して作られていると思われるので、映画ではカットされる上下部分が写っているというわけです。
現在では見ることの出来ない部分を見る、数少ない方法なので、気になる方はチェックしてみてもいいんじゃないでしょうか

もっとも、このブログで取り上げるようなネタが溢れていますよ、というわけでは全然ありません。
むしろこれから取り上げる部分くらいしかなかったと言っても過言ではないのですが(汗


劇場版Rの変身解除に関するシーンを見てみます。

6nhj800.jpg

ここはフィオレにブローチを捕まれたセーラームーンが悶えの表情を見せるところ。
元絵では、ガシっと捕まれた胸元までしっかり描かれているのに、映像版では表情のみがクローズアップされる形に。
顔だけがアップされると、悶えるカットインが挿入されたようにも見えますが、捕まれた部分まで写っていれば、全体を通してより自然な流れに見えたんじゃないでしょうか。
やはり表情だけだとシチュエーションとしてイマイチ、というより成り立たないので、この差は大きいです。



tcfh800.jpg

今度は捕まれた胸元のアップ。スーツが崩壊し始める直前のものですね。
元絵と映像版を見比べると、かなりの部分が隠れてしまっているのが分かります。
元絵では、プロテクター全体や腹部ラインまで見えているのに対して、映像版では本当にブローチ周りしか映っていません。
プロテクターのふくらみ感や、下乳あたりのラインの強調が好きな私としてはかなり残念。
さらに、ここはスーツがリボンとなって拡散していく直接的なシーンなので、このカットはかなりの痛手です・・・。



hgv165.jpg

さらにはこんなものも。
ブローチを捕まれた後、カメラが引いていくところですが、分かりますか?
枠で隠れてしまっていたスカートと太ももの区切り辺りに白いものが見えます。
そう、レオタードです。わざわざ描いたレオチラまでもが上下カットの犠牲になっているんです。
果たしてこの小さな1コマだけ見えるのか、アニメーションしてもっと大胆にめくれ上がっていたのか、今となっては分かりません。



映画の上下カットとは別の話ですが、テレビ版のメディアブックスでも、映像との違いを楽しむことが出来ます。

jnki800.jpg

これはR5話の変身解除シーン。撮影効果の及んでいない元絵を見ることが出来ます。
映像版が逆行でほとんどリボンが見えなくなっているのに対して、元絵は凄まじいボリュームのリボンであることが分かります。
ぼやけていないので、リボンの区切りや砕けたブローチもクッキリ。
いやはや本当にもったいないです。これだけおびただしい量のリボンがグワっとアニメーションするところは、さぞ豪快でしょう。
これが動くとなると、かなりクドい絵になりそうですが、変身解除に関してはやりすぎくらい主張してくれた方が丁度いいです。
ベタ塗りのリボンがゾゾゾっと解けていく様、見てみたかったです。

vuku165.jpg

文字や貼り付け部分をやっつけで修正。
次回予告で見せた全裸絵にリボンのセル画を重ねて動かしているんでしょうか。
このリボンのベールの下に、右の裸身が隠れているところを想像すると興奮しますね。




いかがでしたでしょうか。
終了して久しい作品なので、新しいネタになかなか出会うことができず、こんな所まで注目しているしだいであります。
しかし、いくら見つけてもそれは断片に過ぎず、さらには映像で見たいと思ってもそれが出来ないという、なんともいえない生殺し感も味わう結果に。
それでも、たった1コマの為にそこまでの執着を持ってしまうというのが、セーラームーンの恐ろしいところでしょうか。

すでに遺産を掘り起こして楽しむものとなっているこの作品。
皆さんはこの状況で、セーラームーンにどういった注目やアプローチをしていますか?
こんなことをして楽しんでいるよ、というのがありましたら、教えていただけると私も嬉しいです。

vghhgj800.jpg
  1. 2013/03/15(金) 09:10:40|
  2. 考察その他
  3. | コメント:0
<<ちびうさのブローチ | ホーム | はるかのブローチ毟り取り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紳士ムーン

Author:紳士ムーン
セーラームーンの変身解除シーンなどを求めるダメ人間。極度の変身ブローチフェチというマニアックな変態紳士。更新間隔はてきとー。何か書きたくなったらそのまま垂れ流します。

カテゴリ

はじめに (3)
変身ブローチ (6)
変身解除 (7)
シーン抜粋 (9)
考察その他 (4)
S1話 (2)

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。